弊社オリジナル料理酒 原料は有機米、濃い旨みと爽やかな甘みで大好評!【11月3週】

蓑口さん×志太泉酒造の協力で仕込む弊社オリジナル料理酒


原料は有機米、濃い旨みと爽やかな甘みで大好評!

 

写真左:富山県有機米農家の蓑口さん

写真右:志太泉酒造社長望月さん

 

 

 日常使う料理酒なので、 
,任る限り買いやすい価格に
原料と造りに安全性を優先したい
旨みがしっかりあり、美味しいものにと追求し、技術の高い生産者と協力して出来上がったもの。自慢の料理酒です

 

オリジナル料理酒を昆布だしに少々加えるだけで、鍋に旨みが増していっそう美味しくなります。魚や肉の臭みも飛びます。

 

オリジナル料理酒
 443  720ml (通常895円) 865円 特売

 444  1.8L (通常1,680円) 1,659円 特売

 

 

 安全性と旨さを追求した料理酒 
 

酒類に含まれる「カルバミン酸エチル」の生成を抑える低温管理で製造してます。
カルバミン酸エチルはお酒の中にできる物質です。IARC(国際がん研究機関)における発がん性評価は2A(おそらく発がん物質である)とされており、貯蔵温度、時間、光(太陽・蛍光灯)の影響を受けて含有量が増えます。

 

カルバミン酸エチル値比較表

比較対象 カナダ、チェコ規制値 オリジナル料理酒(2014年産) 国産清酒平均(2012年に100本測定)
測定値、規制値 200μg/L(The European FoodSafety Authority Journal2007による)

0.02ppm(ほぼ20μg/Lと換算)

※日本食品分析センターで測定

平均値0.06mg/L(60μg/L)
※国税庁調査測定値

 

弊社オリジナル料理酒は、カナダ、チェコにおけるカルバミン酸エチル規制値の1/10レベル、参考に国税庁が国産清酒100本の調査結果はオリジナル料理酒の約3倍の値でした。この料理酒がかなり低い値であることがわかっていただけます。
 

*志太泉酒造の清酒は美味しさだけでなく、低温殺菌処理(65℃ 3分)、低温保存(品種により-5℃〜+5℃管理)、配送も冷蔵でしています。また、冷蔵管理、冷蔵配送を約束できるところにしか販売しない温度管理の徹底ぶりに酒の質が高く、安全性も考えた酒造りを実感してこの料理酒を毎年仕込んでもらっています。ヒネた臭いはなく、そのまま飲んでも美味しく爽やかな味わい、まろやかな旨みとほんのり甘みを感じる料理酒です。
 

 

白鳥が訪れる田んぼで育ったお米【11月2週】

福島県・中村さんの新米がスタート
白鳥が訪れる田んぼで育ったお米

 中村さんは言います。「日本の農業を支えていくのは国ではない、消費者のみなさんです。都会に住む人たちの考えで、農家の将来が決まっている。お金の物差しだけでなく、環境保全のことも考えて欲しい。日本の農業を守っていくためには、生産者と消費者がお互いに手を取り合って協力していくことが必要なんです。」

 そして8月に実施された東北ツアー、文字や写真では伝えられないお互いの想いを感じ合うことができたと思います。中村さんはいろいろな活動を通して多くの方と知り合い、お互いが支え合って頑張ってきました。そしてまた仲間が増えました。中村さんの人柄・魅力はとても素晴らしいものです。私達が一丸となって日本の農業を変えていきましょう。(高木)
 

 東北ツアーに参加したSさんからのお便り(抜粋)
 中村さんの田んぼには畦の近くに少々草が生え、そこには蛙やバッタ、トンボなどの生物がたくさん見られ、子供達は虫取りに夢中になるほど。道を挟んで隣の田んぼには草は生えておらず、農薬を使用するのは当然のことのよう。しかし、それをせず、年に5回ほど除草作業をされている。それでも草は生えて、収量が落ちてしまう。さらに原発事故のおかげで全量検査を受けるため、お米をトラックに積んで検査所まで持って行き、済んだらまた持って帰ってこなければならない。本来なら不要な作業に大変な労力と時間がかかっているにもかかわらず、美味しいお米を消費者に届けたいと毎日おからを取りに行って、自分で堆肥を作られ土作りされて本当に頭が下がる思いでした。
 

中村有機コシヒカリ

 75  白米    5kg (通常3,500円) 3,400円 特売

 76  七分米 5kg (通常3,500円) 3,400円 特売

 77  玄米    5kg (通常3,200円) 3,100円 特売

 

中村コシヒカリ

 78  白米    5kg (通常2,700円) 2,600円 特売

 79  七分米 5kg (通常2,700円) 2,600円 特売

 80  玄米    5kg (通常2,550円) 2,450円 特売

つくっちゃいました味噌、新味噌がでます!【11月1週】

名古屋生活クラブ生産者の底力


つくっちゃいました味噌、新味噌がでます!

写真左:仕込みは兵庫の足立醸造。足立社長と息子さんたち、新調した木桶を背にして。
写真中:大豆と米の生産者、富山の簔口さん。有機JASのおいしいニラやお米でおなじみ。
写真右:米の生産者、青森の神さん。毎年人気の低農薬りんご「ふじ」、今年は11月5週で配達予定です。

 

「つくっちゃいました味噌」にはおすすめする理由、選ばれる理由があります。まず原料は、信頼できる名古屋生活クラブの生産者が無農薬・無化学肥料栽培したものです。大豆は蓑口さん、米は神さんと蓑口さんのものです。

仕込みは有機濃口醤油の足立醸造です。足立さんは米麹からていねいに手作りしています。いまどきこんなに手のかかる作業をやっているメーカーめったにありません(一般の味噌メーカーはもちろん、有機味噌の専業メーカーでも製麹はオートメーションの機械でおこなっています)。今年の冬に仕込んで10 ヶ月の長期熟成もおすすめポイントです。

米麹の微生物がゆっくり時間をかけて、米のでん粉を糖に、大豆のたんぱく質をアミノ酸に分解していきます。だから甘みとうまみが格別なんです(スーパーの味噌は、温度をかけてせいぜい3ヶ月程度で出荷する速醸、だから味がないんです)。

これを非加熱、アルコール添加もしていない生味噌で、微生物が生きたままお届けします。こんなにすごい味噌がたっぷり1キロはいって手ごろなお値段なのも人気の秘密です。今回おためし特別価格、わが家の味噌は「つくっちゃいました味噌」で決まりです。

 507  つくっちゃいました味噌 1kg (通常850円) 820円 大特売

 

北海道・俣野さん(有機JAS)より人気のかぼちゃ、じゃがいも、始まります!【10月4週】

お待たせしました! 北海道・俣野さん(有機JAS)より
 

人気のかぼちゃ、じゃがいも、始まります! !
 

 

 俣野さんのかぼちゃは、ホクホクしていて栗のようで、甘くて美味しい。一般的に、かぼちゃは収穫してからしばらく貯蔵しないと味がのりません。俣野さんは、1ヶ月以上はハウスの中で貯蔵して、かぼちゃに味がのってから出荷します。また、俣野さんのかぼちゃの品種は『栗将軍』と『雪化粧』。この2品種を選ぶ理由は、他のかぼちゃに比べて、時間が経過してもホクホク感が残って美味しいから。一般的に、時間が経つと中がベタっとした食感になってしまう。でも俣野さんのかぼちゃは、年内はホクホク感を残したまま美味しく食べれるという。そして、技術の高い俣野さんだからこそ出来る、かぼちゃに適切なミネラルバランスを考慮した、最適な量の施肥。これらのことは全て、美味しいかぼちゃをつくるための俣野さんのこだわりです。

 

 また、北海道のかぼちゃにおける慣行栽培基準が8 〜 12剤(作型による)のところ、俣野さんはかぼちゃをはじめ、全ての作物に化学合成農薬と化学肥料を使わずに栽培しています。(有機JAS取得)

 

 俣野さんは本当に研究熱心で、話し出したら止まらないほど。美味しい野菜をつくるために、味の良くなる可能性のある資材は毎年少しづつ試し導入しています。 『試行錯誤してうまくいった時は本当に嬉しい』 日々、美味しい野菜をつくるために研究し続けている俣野さんですが、そうして得た成果をいつも前面には出しません。(たまには話して欲しいのですが。。。) 

謙虚というか、俣野さんとお話ししていると、いつも皆に対して対等な人だなと思います。

 

 俣野さんの応援よろしくお願いします。(村島)
 

 27  かぼちゃ 1玉 量目価格変動 (通常630円) 612円 特売

¥340/kg(1玉1.8kg位の予定)。重さによって価格が変わります。
 

 28  カットかぼちゃ 1カット 量目価格変動 (通常342円) 333円 特売
¥370/kg(1カット0.9kg位の予定)。重さによって価格が変わります。

 

 30  じゃがいも 1袋1kg (通常315円) 305円 特売

 

 31  じゃがいも 1ケース5kg (通常1,500円) 1,450円 特売

じゃがいもの品種は『さやあかね』と『きたあかり』。俣野さんの『さやあかね』は去年食べましたが、ホクホクしていて甘みがあり、濃厚なじゃがいもの味がして本当に美味しかったです!

 

 34  人参 1袋1kg (通常410円) 400円 特売

 

船形山のブナ原生林が育てたお米【10月3週】

宮城県・小関さんの新米がスタート


船形山のブナ原生林が育てたお米
 

写真左:小関(こせき)さん

写真右:船形山を流れる川

 

 船形山は神秘の森でした。赤ちゃんから老人のブナが光を求めながら必死に生き、死んで横たわり、次の世代に命を繋いでいく。目の前の何気ない世界が、小関さんの説明で偉大な力を放っているのが感じられました。小関さんは国が進めていた杉や唐松の植林のためにブナが伐採されているのを止めた方です。国へ陳述書を提出し、署名活動を行ってきました。今でも「船形山を守る会」の代表世話人をしています。
 船形山が水と命を守っていることを小関さんは知って行動してきました。お米を作るための水は自然の生態系によって守られ、私たちの街、生活、命を支えていることを小関さんは教えてくれます。お米を食べる人たちによって水田が守られ、水が守られ、森や山が守られていると言えるのではないでしょうか。小関さんと手をつなぎ、自然を守る一員になってください。(高木)

 

小関無農薬ササニシキ 特売
 
76  白米 5kg   
(通常3,600円) 3,500円
 77  七分米 5kg
(通常3,600円) 3,500円
 78  玄米 5kg   
(通常3,300円) 3,200円

 

小関ひとめぼれ 特売
 
79  白米 5kg   
(通常2,400円) 2,300円
 80  七分米 5kg
(通常2,400円) 2,300円
 81  玄米 5kg   
(通常2,100円) 2,000円

 

 

写真:8月に開催された東北ツアーでの集合写真−小関さんの田んぼをバッグに!

 東北ツアーに参加されたSさんからのお便り(抜粋)
 お米の美味しさの重要な要素の1つは水。小関さんはその水源である森を守る活動もしています。その森へも同行させていただきましたが、自然の生命力を感じました。ブナの大木をそっと抱きしめたときの何とも言えぬ安心感。小関さんのお米のおいしさは、この森の力強さ・生命力・安心感が溶け込んだ美味しさだったのかと一人合点しておりました。
 



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ