旬!夏はやっぱりトマトが最高においしい!!(8月2週号)

 旬!夏はやっぱりトマトが最高においしい!!(8月2週号)


全て化学合成農薬不使用・無化学肥料のトマトです。

〈14〉トマト 量目価格変動 特売 520円 1袋(700g)

たっぷり食べてほしいから、700gと多めの規格です。

主な生産者の方たち

長野県・市川さん

北海道・俣野さん

夏場に多く出荷される岐阜県の農薬の慣行栽培レベルは46回(夏秋・成分回数)

トマトは野菜の中でも農薬使用量はトップクラス!だから残留農薬の検出も多い!!

試料数99、42種類の農薬を調査し、総数で110検体から検出〈平成22年農林水産省報告〉
(一つのトマトに複数の農薬が残留されているものもあります)

中でも、60検体中15検体から検出された「クロロタロニル(TPN)」は、IARCでヒトに対して
発がん性を示す可能性があると報告されています。南フロリダ大学の研究では、
クロロタロニルの環境中濃度が164ppbでかえるが死滅し、0.0164ppbでおたまじゃくしが
死滅すると報告されています。今回検出された最大値は2 ppm(=2000ppb)。
かえるもおたまじゃくしも生きてはいけない濃度です。
これほど毒性が高く、残留性が高いにもかかわらず、トマト栽培には収穫直前まで使用が
認められています。病気になりやすい夏野菜は特に効果が高いクロロタロニルが
使われているようです。
それくらい難しいトマト栽培。そんな中で全く農薬を使用せずに栽培している生産者の旬のトマトです!



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ