タカショク 金沢港の鮮魚パック(4月3週号)

 石川県金沢 タカショクから
金沢港の鮮魚パック再開! めっちゃ旨い魚を届けます
(4月3週号)



〈158〉金沢港の鮮魚パック
3〜4人分 再開特売939円

写真と実際にお届けする魚種は異なります。
今回入る可能性があるのは、
・ホタルイカ ・赤カレイ  ・鯛
・スガレイ   ・口細カレイ ・ハタハタ
・ササガレイ  ・メギス ・甘えび・ガスエビ
など。セット例としては
カレイ2 〜 3 尾・ホタルイカ20 粒・ハタハタ10 尾
という感じ。
下処理済なので、すぐ調理できます。

※詳しくは3-18、19 ページをご覧下さい



この小型船は、日帰りで底引き漁をする金石(かないわ)港(金沢港に隣接する)の船。鮮度の良さで中尾さんが買い付けているものです。



夜競り前の金沢港。中尾さんの魚を選ぶ目は真剣です。

金沢港で競られる魚も様々、鮮度に違いがある
金沢港市場には金石(かないわ)、福浦、珠洲(すず)、小木等の漁港( 金石以外は能登半島午後3 時頃水揚げ、トラックで金沢港へ陸送する) で揚がった魚が集まります。金沢港市場は産地市場( ここで競り落とされた魚は金沢港水揚げとなる) として競りが行われ、金沢中央卸売市場で翌朝競りにかけられて東京や大阪や名古屋の中央市場へ運ばれていきます。
買い付けるのは金石の船、日帰り底引き漁の船の中から選んでます。
金石(かないわ)港は金沢港と隣接しているので夜8 〜 9 時に水揚げ、すぐ金沢港市場で競りにかけられるので、そこで鮮度に差がでます。
金石(かないわ)の船の中でも「重福丸」の魚は水揚げしてからの扱いがよいのでしょう。同じ漁場で獲って同じ時間に帰ってくる船よりすごく品物がいいです。甘えびも重福さんで揚がったときに頼みます。他のよりやっぱり浜値もちょびっと高いです。でも、カレイでもやっぱり扱いがいいんだなと感じます。( タカショク中尾さん談)
お魚で育った中尾さんは鮮度の良さに敏感です。ちょっと高くても値段と品質に納得してもらえるよう買い付ける、届いてから調理しやすいようにとの心遣いのは30 代主婦の目線。ピカイチの鮮魚セットです。(吉田)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ