名古屋生活クラブでしか食べられない、袋がけをした三上さんのフジです【1月2週】

名古屋生活クラブでしか食べられない、袋がけをした三上さんのフジです

 

2016年6月18〜19日に袋がけをしました。
袋がけ後の使用農薬を、一般的な栽培で使用される農薬と比較してみました

 

 

三上さんのりんご フジ  特売 
 

 52  1袋 1kg (通常690円) 680円

 53  1ケース 5kg (通常3,105円) ■3,080円

 

状況を見て使用される農薬は安全性の高いものを選んで使っている上に、袋がけをしたことで
その農薬はりんごの実にかかっていません。三上さんのフジは安心して食べていただけるりんごです。

 

短角牛のフレンチ新登場!【12月4週】

岩手県 総合農舎山形村  短角牛のフレンチ新登場!

 

低脂肪で滋味に富む赤身肉の旨み、クリスマスの一皿に
 

山形村短角牛肉をフレンチシェフの監修で仕上げた惣菜です。
いちおしは「短角牛のキッシュ」や「ボローニャ風のミートパイ」。口に入れるとパイ生地の国産小麦の香ばしさとバターの風味が最初に、後を短角牛と野菜のフィリングの美味しさが口の中にワッと広がる本格派フレンチの味わいでクリスマスにおすすめです。

 

 371  短角牛のキッシュ 260g (通常1,400円) 1,378円  特売 

 

 374  ボローニャ風ミートパイ 200g (通常1,052円) 1,029円  特売 

 

 372  ミートローフ 300g (通常1,440円) 1,418円  特売 

 

 373  鶏もも肉のパイ包み焼き 200g (通常1,100円) 1,078円  特売 

 

 375  あたためるだけでプチぽてと 170g (通常410円) 398円  特売 

 376  豚角煮 220g (通常820円) 798円  特売 

三重県 舘養蜂場の国産純粋蜂蜜【12月3週】

三重県 舘養蜂場の国産純粋蜂蜜

 

 舘(たち)養蜂場の蜂蜜は非加熱の国産純粋蜂蜜です。透明度がとても高く、糖度78 度以上でしっかり甘いのに後味がすっきり。こんなにおいしい蜂蜜ははじめてで、正直驚きました。秘密を代表の舘正浩さんにうかがいました。
 蜂蜜には蜜源の花の名前をつけた
単花蜜と、いろんな花の蜜が混じった百花蜜があります。たとえばアカシアの花からとった蜜の比率が50-70%(業界の自主基準)だったら「アカシア蜂蜜」と名のれます。でもこれが曲者。
 いっぱんに百花蜜より単花蜜のほうが高く売れ、いちいち検査もしないから(義務付けられていない)、「○○蜂蜜」の命名は各養蜂業者の判断にまかされています。だから、限りなく百花蜜にちかい「○○蜂蜜」が安く市場に出回ることになるんです。海外産を国産と偽って売る産地偽装ほどでないにせよ、これは無視し得ない問題です。
 舘さんは自分の仕事に対してとても厳しい人で、ふつうなら単花蜜として売れるような蜜でも、「雑味があるから」(別の花の蜜が混じっている)といって百花蜜にしてしまいます。
舘さんいわく「すべては自分の舌、感覚にかかっている」。
 レベルの高い単花蜜をとるために、舘さんはいろんな工夫をしています。たとえば以前とった花の蜜が残らないようこまめに巣の蜜房をそうじしたり、花の流蜜量に合わせて適正な数の蜂を放つようにしたり(ターゲットの花蜜と比べて蜂の数が多すぎたら、あぶれた蜂は別の花の蜜を集めて帰ってくる)。
 舘さんはミツバチヘギイタダニやふそ病による蜂群崩壊を防ぐため、採蜜時期をはずして殺虫剤アミトラズとフルバリネート、抗生物質ミロサマイシンを使っていますが、
直近の2016 年10 月に実施した残留農薬・抗生物質検査ですべて不検出であることを確認しています※。舘さんのとびきりおいしい蜂蜜を安心してお召し上がり下さい。
※国産クローバー蜂蜜を試料とし、アミトラズとフルバリネートはアピ株式会社で、ミロサマイシンは一般財団法人・雑賀技術研究所でともに検出限界0.01ppm で検査。

 

クローバー蜂蜜

 411  130g (通常850円) 840円  特売 

 412  420g (通常1,900円) 1,880円  特売 

北海道十勝でとった蜂蜜。くせなく雑味なくとびきり甘い、でも後味はすっきりきれがよい。クローバー単花蜜としてとてもレベルが高い。お手ごろ価格でお料理・お菓子作りにぴったりです。
 

アカシア蜂蜜

 409  130g (通常1,025円) 1,015円  特売 

 410  420g (通常2,200円) 2,180円  特売 

北海道芦別・赤平でとった蜂蜜。透明度がたかく雑味のない甘さ、ほのかな酸味とすっきりした後味。アカシア単花蜜としてとてもレベルが高いです。
 

鴨鍋の季節になりました【12月2週】

 鴨鍋の季節になりました 
 

 千葉産直サービスの八甲鴨の商品を集めました。年末に向けてちょっとした贅沢をするなら美味しい鴨はいかがでしょうか。
●鴨肉が違う
 フランスのバルバリー種の鴨を青森県八甲田山麓と津軽エリアで飼育した八甲鴨を使用。飼育中は抗生物質を使用せず、平飼いし健康的に育てています。八甲鴨は皮下脂肪が少なく、鴨特有のクセがありません。
●鴨鍋の鴨つくねとスープは千葉産直が自社開発
 鴨つくねは、肩肉ともも肉等をブレンドし、余分なものは一切入れず、ひとつひとつ手作りしています。この鴨つくねが美味しいと評判です。

 

 スープは鴨肉や鴨つくねから出る出汁と野菜から出る旨味を考慮して開発しています。
千葉産直サービスの商品開発には社長の冨田さんが全国から厳選した原料を使用し、素材の味を最大限活かした惣菜作りに徹しています。

 

 363  八甲鴨鍋セット(2〜3人分) 550g (通常1,890円) 1,790円  特売 

 

 364  鉄板焼き八甲鴨ハンバーグ 160gx1 (通常417円) 389円  特売 

 

 

 365  八甲鴨のレバーパテ 60g (通常443円) 420円  特売 

 

 

 366  八甲鴨のロース煮 240g (通常2,268円) 1,980円  特売 

 

 

 291  鴨モモスライス 200g (通常810円) 800円  特売  鴨鍋追加用にどうぞ

 

※チラシ「ムソーのChristmas Part SELECTION」に掲載されている商品と同じ物もありますが、こちらの方がお買い得です。
 

 

より良い社会を作るために。 みんなの想いのつまった、神さんのりんご【11月5週】

より良い社会を作るために。
みんなの想いのつまった、神さんのりんご

 

『食べて喜んでくれる人がいるから、頑張れます。』(神茂芳)

 

 りんごは化学合成農薬を使わずに栽培することが、最も難しい作物のひとつです。その理由はりんご栽培における病害虫の多さにあり、ほとんどのりんご農家さんは、まともな値段がつく見た目の綺麗なりんごを作るために多くの農薬を使います。青森県の慣行栽培基準は36剤にもなり、平成26年度の東京都の残留農薬の検査では10個中9個から、合わせて15剤もの農薬が検出されています。(たなめき5ページ参照) 逆に、それぐらい化学合成農薬を使わないとりんごの栽培は難しいのです。そんな中で、神さんは化学合成農薬・化学肥料を使いません。先代の姉2人を急性農薬中毒で亡くしてからずっとです。

 

 今は有機JAS許容農薬を使っているとはいえ、効果は弱いので、病気や虫にやられます。だから、綺麗な見た目のりんごはほとんど出来ないし、化学肥料を使う一般の栽培に比べて玉も小さめです。その上、病気で葉が落ちたり、木が弱るとりんごに味がのらず、決して甘くて美味しいとは言えないりんごになることもあります。それでも私達は神さんのりんごを扱います。神さんのような栽培をみんなが理解して、我々がそれを広め、会員さんが買い支えることが、より良い社会を作るために意味のあることだと考えるからです。

 

 また、りんごの皮に特に多く含まれるポリフェノールは人の健康に良いので(たねまき5ページ参照)、皮ごと安心して食べたいですよね。食べる人の健康のためはもちろん、作る人のためにも、そしてより良い社会のために、思いを馳せて食べてもらいたいりんごです。みなさん買って下さい、どうかよろしくお願いします。(村島)
 

 

 64  神さんのりんご1袋1kg (通常860円) 850円  特売 
フジをお届け予定。



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ