油を比較してみました

 1.    名古屋生活クラブがおすすめする油
一般的によく使われている油は、菜種をn-ヘキサン(化学溶剤)によって抽出し、高温をかけるなどし精製され、さらさら、臭いもなく透明に使いものになっています。市販の食用油で「グリシドール脂肪酸エステル」の量が一般的な油の約10〜100倍も多く含まれている可能性がある、として回収された事がありました。グリシドール脂肪酸エステルは、体内で分解され発ガン性のある「グリシドール」にかわります。この油が高温処理によってグリシドール脂肪酸エステルが増えたかどうかはわかりません。しかし高温処理によって3MCPDといった不純物もできており(WHOなどで危険性が指摘されています)、精製によって使いやすくなる一方、リスクもはらんでいるのが「精製された油」なのです。また、精製によって元々菜種にふくまれているせっかくの抗酸化物質もとりさられています。

この様な理由から
・抽出方法は圧搾絞り
・未精製または精製工程がなるべく少ない(高温処理でない)もの

・原料菜種は非遺伝子組換、ポストハーベストフリーのものや国産

をおすすめしています。
どんな原料の油を選ぶか、についてですが、不飽和脂肪酸、とりわけリノレン酸を多くふくむ油がおすすめです。菜種油は食用として出回っている油の中で比較的リノレン酸が多く、購入しやすい油だと思います。また、リノレン酸が多く含まれる油はえごま油です。こちらも生でドレッシングなどにご使用されてはいかがでしょうか。
※油のとりすぎにはご注意を!

 

 2.    名古屋生活クラブで販売中の油の比較 (菜種油で比較)


純正菜種サラダ油(安くて臭い、色がなく使いやすい)

生産者:平田製油 原料:オーストラリア産菜種(非遺伝子組み換え)
圧搾絞り、脱臭(240〜250℃)で高温処理がされるが、この工程以外は湯洗いや遠心分離などによる精製。サラダ油のためにおい、色が少なく使いやすい。

  北海道産なたね油(高温処理工程がない、脱ガム処理されているので使いやすい。)
 

生産者:エコERC 原料:北海道産菜種
圧搾絞り、調理時の発泡を防ぐために脱ガム(精製)をおこなっているが、湯洗いのみ。焙煎、圧搾から脱ガム工程まで全てに高温がかからないように温度管理、85℃以下で処理されている。臭い、色はあるが揚げ物にも使いやすい。おすすめの油

  幸せ色の黄金あぶら

生産者:協同製油 原料:青森県・北海道産菜種
圧搾絞り、未精製。和紙でろ過しています。未精製のため揚げ物には注意が必要だが、抗酸化物質がしっかり残っている。おすすめの油。



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ