名古屋生活クラブの牛乳について

 

    一番おすすめしているのは放牧乳です

動物にも人間にもストレスフリーな牛乳をおすすめしています。放牧乳は青草をたっぷり食べた牛の牛乳なので、草由来のビタミン・ミネラルを多く含むと言われています。実際に夏場になると牛乳の色が少し緑色になります。

一般的には牛舎で飼い、穀物飼料と乾草を与える飼い方でたくさんの乳量が得られることを優先します。

たくさんの乳量を搾り取る飼い方では3、4年で廃牛(と殺される)となり、新たに若い牛を入れる…その繰り返しです。家畜の命ってなんだろう??中洞牧場や斉藤牧場のように1日に少しずつ牛乳を搾ると10年近く搾乳牛として活躍する牛もいます。
 

    生産者の特徴

岩手県・中洞牧場、北海道・斉藤牧場

山地酪農(山に牛を放牧)を行っており、牛は野芝等を食べて牛乳を与えてくれます。ストレスフリーな健康な牛から恵まれる牛乳は、人の体にも負担なく飲むことができる美味しい牛乳です。低温殺菌、ホモジナイズ処理なし。

1頭あたりの生産量は少ないので、高価な販売価格ではありますが少しだけ飲む方にはおすすめしています。

 

北海道・あすなろファーミング

牛舎から少し離れたところの平地に放牧地を設け、放牧しています。エサは牧草がメインですが、搾乳時に国産主体の穀物飼料を少し与えています。低温殺菌、ホモジナイズ処理なし。放牧のわりに良心的な価格を実現しており、普段使いにもおすすめできる牛乳です。

 

岐阜県・牧成舎

飛騨古川で営む地元に根付いた乳業会社。酪農家の数も4軒ほどと少なく(放牧ではありません)、身近に感じることができる牛乳です。農家によって使う飼料は異なりますが、デントコーンサイレージを作っている生産者もいます。

牧成舎の代表の牧田さん自身も酪農家の1人で毎朝乳搾りを行っています。低温殺菌、ホモジナイズ処理あり。普段使いにおすすめです。

 

島根県・木次乳業

自社牧場では山地酪農を実践(ブラウンスイス山地酪農牛乳)。地域の酪農家たちの牛乳を製品化しています。非遺伝子組み換え飼料への取り組みもしており、全農家ではありませんが、一部非遺伝子組み換え飼料を導入しています。農家によっては自家生産の牧草を使用しているところもあります。低温殺菌もしくは7215秒殺菌。

 

三重県・四日市酪農

5軒の農家の牛乳を製品化しています。全ての農家で非遺伝子組み換え飼料を使用。放牧ではありません。

一部農家で自家生産の牧草を使用しています。代表の岡田さんも酪農家の1人です。

 

北海道・ホクレン

名古屋生活クラブで扱っている共同購入会向け商品である牛乳2種類は15軒の農家限定の非遺伝子組み換え飼料を使った牛乳です。2種類の中でいうと、味で選ぶならノンホモ牛乳がおすすめです。賞味期限が長い方がいいという方は北海道よつ葉牛乳NONGMOをおすすめします。



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ