プラスチックによる食材保存をやめよう!【2月2週】 (お知らせ)

 プラスチックによる食材保存をやめよう!

 

 

食材を保存するならガラスやホーローなどプラスチック以外を使いましょう。CookLockは電子レンジも使えます。


 CookLockシリーズ 
保存容器部分がガラスなので、食材がプラスチックに触れずにそのまま温めなおしでき、便利です。 フタ:ポリプロピレン、パッキン:シリコン 中国製

 549  クックロックスクエア300 スクエア300 通常648円 468円

 

 550  クックロックスクエア500 スクエア500 通常864円 626円

 

 551  クックロックスクエア750 スクエア750 通常972円 802円

 

 552  クックロックレクタングル400 レクタングル400 通常756円 624円

 

 553  クックロックレクタングル600 レクタングル600 通常864円 713円

 

 554  クックロックレクタングル1000 レクタングル1000 通常1,188円 980円

 

 

 プラスチックには、右記原料以外にも可塑剤、紫外線安定剤といった添加物が多量に含まれている場合がありますが、一般的には明記されていません。しかし、特に塩化ビニルによく使われる可塑剤「フタル酸エステル類」溶け出して食材や環境を汚染しています。
 又、右以外にポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)などからも女性ホルモン(エストロゲン)作用のある物質が溶け出してきていることが論文で報告されています。(G.D.Bittner Environmental Health Perspectives 119.7.2011)

 名古屋生活クラブとして、女性ホルモン(エストロゲン)作用の問題は注視していきますが、それよりも優先課題として、上記3つのプラスチック、塩化ビニル、ビスフェノールA、ポリスチレンの対策を進めたいと考えています。

 食品にプラスチックの成分が溶け出しやすい条件は、高温と油です。電子レンジなどを使われる場合、湯煎する場合など、ガラス容器に移してから行ってください。
 

 注意点1 
 通気弁にポリカーボネートが使用されています。外側で食材に直接触れないのでオールプラスチックよりはよいと考え取り扱いします。
 

 注意点2 

 電子レンジで食材を温める場合、プラスチックと比べて温まりにくく時間がかかります。中心は特に温まりにくいので、途中でかき混ぜるなどしてください。また耐熱ガラスのため重さがあります。取り扱いに注意してください。

 

 



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ