名古屋生活クラブ・オリジナル栗きんとん【9月4週】

美濃加茂・坂井さんの無農薬栗と八百津・藤乃屋の技


名古屋生活クラブ・オリジナル栗きんとん

 

 

 385  栗きんとん(無農薬栗) 25gx6 (通常1,380円) 1,350円 特売

 

 おなじみ美濃加茂・坂井さんが手塩にかけて育てた無農薬栗を、八百津・藤乃屋の後藤さんが丁寧な手技でおいしい栗きんとんに仕上げました。
 ほのかな甘さがちょうど良く、軽く上品な味わい。食感は粘りがあってあくまでなめらか。クラッシュした栗の粒がアクセントになってしみじみおいしい。こんなにすごい栗きんとんは日本中探してもめったにありません。どうぞお買い上げください。
※冷凍でお届けします。常温で自然解凍してお召し上がり下さい。解凍後は密封して冷蔵庫保存、消費期限は3日です。

 

 

 美濃加茂・坂井 文好さん 
 栗の無農薬栽培は雑草と病害虫との闘いです。草刈機は計4 台を平地・傾斜地・木の根元・その他で使い分けています。特に勾配が急な場所はスパイク足袋を履いて草刈をしますが、足首・腰・肩に負担がかかり現在、肩に炎症を起こし接骨院に通っています。
 害虫の駆除はクリオオアブラムシのすり潰し、マイマイガやクスサンの卵塊除去、ブランコ毛虫の捕殺が中心で、クリオオアブラムシの卵を潰すとプチプチと音がして、飛び散った汁が目にはいることも。大敵はモモノゴマダラノメイガとクリシキゾウムシです。これには無抵抗です(全体の15%ぐらいは食べてもいいよと許しています)。
 収穫後の栗は水選果し、浮き栗(未熟果、虫食い果、乾燥果)を除去。モモノゴマダラノメイガは苦しくなって出てきたり、水死します。しかし、クリシキゾウムシはしっかり栗の中にいます。被害果は栗の表面の黒変でわかりますが、そうでないものは針の穴ほどの侵入口を見つける他ありません。私は2 〜 3 回のローリング(栗をころがす)とサイズゲージを通すこと2 回(2L、L)で除去しています。栗一個が25 gとして、全体で8 万個相当になるのです。もっとも気を使う作業です。

 

 

 八百津・藤乃屋の後藤英夫さん 
 栗はすぐには使いません。熟度に応じて冷蔵庫で数日かけ追熟させることで、味がのってコクが深くなるんです。蒸し時間、砂糖と加水の量も栗の個性を見ながら微調整して、品質の揃ったおいしい栗きんとんを作っています。
 

 



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ